最近は、外履きのまま使うことができるスポーツジムも増えたのでフィットネス専用のシューズを用意しているという人は少なくなったと言えるでしょう。しかし、フィットネスシューズを履くことにはそれなりのメリットがあるのです。

そこで今回は、目的別のフィットネスシューズの選び方と、フィットネスシューズを履くことで得られる効果について解説します。

フィットネスシューズとは?

フィットネスシューズというのは、主にスポーツジムでの運動のために使用するシューズのことを言います。スニーカーなどと比較すると運動で使いやすいシューズです。一口にフィットネスシューズと言っても用途によって様々なものがあります。

自分がスポーツジムでどんなメニューを中心に行うのかを考えて、シューズ選びをすることが重要です。ブランドによっては「フィットネス専用」として販売しているものもあります。「リーボック」などがフィットネスシューズを多く取り扱うメーカーとして知られています。

ですが、種目によっては特にフィットネス専用にこだわる必要もありません。最近では外履きのまま利用できるジムも増えています。外の運動で利用しているシューズがそのまま代用できる場合もあります。

ウェイトトレーニングをする人のフィットネスシューズの選び方

スポーツジムで、マシントレーニングやフリーウェイトトレーニングなどのウェイトトレーニングをすることを考えているなら、高い負荷を扱うことを想定してフィットネスシューズを選ぶ必要があります。ウェイトトレーニングでは、負荷の大きくしてトレーニングに挑むことになります。

そのため、シューズには軽さよりも強さや安定性が求められます。特に、バーベルスクワットなど、足の筋肉を鍛えるメニューをこなすときにはシューズの重要性は増します。トレーニングに特化したフィットネスシューズにはどんな特徴があるかというと、まずは靴底が平であるということです。

ランニングシューズなど、クッション性がある底が柔らかい靴はウェイトトレーニングには向いていません。底が柔らかい靴でバーベルスクワットやデッドリフトなどを行うと、靴底が変形してしまうので安定性が損なわれてしまいます。

また、グリップが強いのもトレーニングに適したフィットネスシューズの特徴としてあげられます。グリップが弱いと、高負荷のメニューを扱っている途中で足元が滑るなどの危険性があります。トレーニング中に転倒してしまうと、取り返しのつかない大きな怪我をする可能性があります。

スポーツジムで行うメニューの中でも安全を確保することが重要なウェイトトレーニングは特にシューズ選びが重要になると言えるでしょう。

スポーツジムでの有酸素運動とフィットネスシューズ

スポーツジムで、トレッドミルやクロスステップ、エアロバイクなどの有酸素運動のメニューしかやらないという人もいるかもしれません。特に、女性には多いのではないでしょうか?筋力トレーニングについては、マシントレーニングやフリーウェイトトレーニングはしないのであれば、トレーニング用のシューズは用意しなくても大丈夫です。

とはいえ、運動に適したシューズは用意しましょう。外履きがOKのスポーツジムであれば、一般的なランニングシューズで問題ありません。

エアロビクスなどのスタジオプログラムとフィットネスシューズ

エアロビクスなどのスタジオプログラムを始めるのであれば、エアロビクスに適した専用のフィットネスシューズを購入するのがおすすめです。ランニングとエアロビクスでは、動き方が大きく異なります。エアロビクスでは縦の動きだけでなく、横の動きやひねりなどの動作があります。

なので、靴底のグリップ性が高いことが理想です。また、サイズも含めて自分の足にしっかりとフィットするものを選ぶことが重要です。エアロビクスでは想像以上に激しい動きをするので、足元の安定性が確保されていないと転倒などによる怪我につながる可能性があります。

靴底の柔らかさについては、ランニングシューズよりも柔らかく作られているものが多いです。動きに柔軟に対応することを想定して作られていると考えられます。また、スニーカーに比べて軽量なので長時間の運動でも疲れにくくなっています。

最後まで集中してスタジオプログラムに取り組むためにも疲れにくいシューズを選ぶことが大切です。集中力の持続も、怪我の防止につながります。

色々な運動をするなら万能タイプが便利!フットサルシューズで代用できる?

スポーツジムでウェイトトレーニングもするし、有酸素運動もするという人も多いでしょう。種目ごとにシューズを変えるのは手間がかかるし、何よりも荷物が多くなってしまうのが嫌ですよね?そんな時に便利なのが万能タイプのフィットネスシューズです。

万能タイプのフィットネスシューズには、適度な靴底の柔軟性や安定性、装着時のフィット感があります。自分でちょうどいい靴を選ぶのが難しい人は、フィットネスショップや通販などで万能タイプのフィットネスシューズとして販売されているものを購入するのがおすすめです。

万能タイプのフィットネスシューズは多少、値段が高い傾向があります。正直、そこまでシューズにお金をかけたくないという人にはおすすめの代用シューズがあります。それがフットサル用のシューズです。フットサル用のシューズは底がそこまで柔らかくないので、重い重量を扱うトレーニングでも形が変形しません。

激しい動きを想定している靴なので、グリップ性能も高いです。さらに、程よい軽さがあるのでそのまま有酸素運動で使用することもできます。フィットネスシューズにこだわらないのであれば、フットサル用のシューズも検討してみてください。

おすすめのフィットネスシューズ

最後に、おすすめのフィットネスシューズのブランドや商品を紹介します。まずは、ナイキの「メトコン」シリーズです。スポーツ用品の世界的なブランドであるナイキがジム&トレーニング用に販売しているシューズです。

ジムでの運動全般に対応できる商品が多いです。中には、フリーウェイトトレーニングに特化した「リフティングシューズ」というものも販売されています。フィットネスシューズ愛用者の中でも人気の高いブランドが「リーボック」です。

有名なトレーナーの中にも、リーボックのシューズを愛用されている方は多いです。リーボックが手掛けるフィットネスシューズの中でおすすめのシリーズが「クロスフィットナノ」です。「クロスフィット」とは、歩く・走る・起き上がる・拾う・持ち上げる・押す・引く・跳ぶなどの運動をそれぞれ万遍無く行うトレーニング方法です。

アメリカが発祥のトレーニングですが、近年日本でもクロスフィットトレーナーのaya先生の影響で人気が上がっています。あらゆる運動に対応できるので、万能性の高いフィットネスシューズです。

関連資料|フィットネス